• HOME
  • 製品事業
  • 工事事業
  • 技術開発への取り組み
  • 会社概要
  • 採用情報

製品事業

改質アスファルト

ポリマー改質アスファルト

ニッシールGSポリマー改質アスファルトI型

カタログダウンロード

ニッシールGSは、耐流動、耐摩耗に代表される舗装の供用性の向上を目的としたポリマー改質アスファルトI型です。舗装用石油アスファルトの低温領域における脆性、および高温領域での塑性変形抵抗性を改善します。

特 徴
  • 荷重に対する塑性変形抵抗性に優れています。
  • ストレートアスファルトに比べてせん断強度が大きく、接着性・密着性に優れています。
  • タフネス・テナシティに優れ、骨材の把握力が優れています。
  • 老化が少なく耐水性に優れています。

エポックファルトDポリマー改質アスファルトⅡ型

カタログダウンロード

エポックファルトDは、重交通路線、空港舗装など非常におおきな荷重を受ける舗装において耐流動、耐摩耗に代表される舗装の供用性の向上を目的としたポリマー改質アスファルトⅡ型です。ポリマー改質アスファルトI型より、されに低温領域における脆性、および高温領域での塑性変形抵抗性を大きく改善します。

特 徴
  • 荷重に対する塑性変形抵抗性が極めて大きく、耐流動性に優れています。
  • せん断強度が大きく、接着性・密着性に優れています。
  • タフネス・テナシティに優れ、高い骨材の把握力を有しています。

エポックファルトHiポリマー改質アスファルトⅡ型

カタログダウンロード

エポックファルトHiは、より高い塑性変形抵抗性が要求される重交通路線への適用や、積雪寒冷地域におけるF付きの混合物の耐流動性の向上を目的とした高品質なポリマー改質アスファルトⅡ型です。ポリマー改質アスファルトⅡ型の性状よりさらに軟化点やタフネス・テナシティを向上させ、耐流動性および耐摩耗性に優れています。

特 徴
  • エポックファルトDよりも高い塑性変形抵抗性、摩耗抵抗性を得ることができます。
  • F付きの加熱アスファルト混合物の塑性変形抵抗性を向上させます。

エポックファルトスーパーポリマー改質アスファルトⅢ型

カタログダウンロード

エポックファルトスーパーは、交通集中や車両の大型化など、都市部の舗装への荷重負荷がさらに過酷になるなか、より優れた塑性変形抵抗性の向上を目的としたポリマー改質アスファルトⅢ型です。ポリマー改質アスファルトⅡ型よりも、さらに高温領域でも塑性変形抵抗性を改善し、強力なゴム的性質と樹脂的な性質を併せ持っています。

特 徴
  • 高温領域での塑性変形抵抗性を高めるため、高い軟化点を有しています。
  • 感温性をより高めています。
  • 骨材に対する把握力・接着力をさらに高めるため、タフネスを大きくしています。

エポックファルトアセットポリマー改質アスファルトⅢ型-W

カタログダウンロード

エポックファルトアセットは、コンクリート床版上の橋面舗装に適用されるポリマー改質アスファルトⅢ型-Wです。橋面では、より高い交通の安全性が求められることから、耐流動性に優れた舗装が必要とされます。さらにその構造上、水の影響を受け易く、滞水によるアスファルトと骨材の剥離現象が起きやすくなるため、剥離抵抗性に優れた材料が要求されます。また、橋面舗装は振動や伸縮によるひび割れが生じやすいなど、一般舗装より過酷な条件下にあり、舗装に用いるアスファルトも特殊な性能が要求されます。

特 徴
  • 耐流動性に優れています。
  • 骨材との付着性に優れ、骨材とアスファルトの剥離を防止します。
  • たわみ性に優れているため床版の動きへの追従性に優れ、クラックの発生を低減します。

エポックファルトアセットSDポリマー改質アスファルトⅢ型-WF

カタログダウンロード

エポックファルトアセットSDは、鋼床版上の橋面舗装に適用されるポリマー改質アスファルトⅢ型-WFです。鋼床版上の橋面舗装では、コンクリート床版上の橋面舗装と同様に耐流動性や骨材の剥離抵抗性が要求されるほか、コンクリート床版にはないリブなどの構造の影響により、様々な変形を生じる箇所が存在し、鋼床版の舗装に使用するアスファルトもより高い耐久性が要求されます。

特 徴
  • 耐流動性に優れています。
  • 骨材との付着性に優れ、骨材とアスファルトの剥離を防止します。
  • たわみ性に優れているため床版の動きへの追従性に優れ、クラックの発生を低減します。

セナファルトポリマー改質アスファルトH型

カタログダウンロード

ポーラスアスファルト舗装は雨天時の視認性を向上させるほか、吸音特性にすぐれ広く用いられています。
セナファルトは、その優れたバインダ特性により、排水機能などを付与した舗装体の構成に適合するポリマー改質アスファルトです。

特 徴
  • 骨材の把握力が高く、高空隙な混合物の製造が可能である。
  • 60℃粘度が高く、高い耐流動性を示す。
  • 通常のアスファルト舗装と同様に、合材製造、舗設が可能である。

セナファルトSC寒冷地域・一般地域共用型ポリマー改質アスファルト

カタログダウンロード

寒冷地域におけるポーラスアスファルト舗装においては、一般地域に使用されるポリマー改質アスファルトH型よりも低温側にシフトした性能が求められます。また、一般地域においても、標高などによっては同様の性能が必要となります。
セナファルトSCは、一般ポリマー改質アスファルトH型よりも低温側に特徴を持たせたバインダ設計により、広い地域で優れた性能を発揮する寒冷地域・一般地域共用型ポリマー改質アスファルトです。

特 徴
  • 骨材の把握力が高く、高空隙な混合物の製造が可能である。
  • セナファルトに比べ低温性能に優れている。
  • セナファルトと同様に高い耐流動性を示す。

セナファルトポリマー改質アスファルトH型-FCL

カタログダウンロード

寒冷地では、積雪やタイヤチェーンの使用等過酷な条件に晒されるため、一般地域以上に耐候性、耐久性に優れた舗装体でなければなりません。
セナファルトCLは、その優れたバインダ特性により、寒冷地などの厳しい条件にも耐えうるポーラスアスファルト混合物を提供することが可能な寒冷地用ポリマー改質アスファルトです。

特 徴
  • 4℃伸度、フラース脆化点、曲げひずみ等の低温時のバインダ性状が優れている。
  • 混合物のカンタブロ損失率が低く、摩耗量が少ない。
  • 混合物の曲げ試験における脆化点が低い。
  • 一般のポリマー改質アスファルトH型と同等の作業性を有している。

セナファルトHP高耐久型ポリマー改質アスファルト

カタログダウンロード

セナファルトHPは、超重交通路線などへの適用、小粒径化による騒音低減、長期供用維持など、様々なニーズに対応できる高耐久型ポリマー改質アスファルトです。

特 徴
  • 高空隙、小粒径の混合物であっても高い耐流動性を示す。
  • 重交通路線等での骨材飛散に対する抵抗性が高い。
  • バインダ単体の曲げひずみが大きく、たわみ追従性に優れている。
  • 一般的なポリマー改質アスファルトH型と同等の作業性を有している。

セナファルトSD鋼床版用ポリマー改質アスファルト

カタログダウンロード

現在、ポーラスアスファルト舗装は、高速道路や市街地において雨天時の走行安全性や吸音特性による低騒音舗装として、広く利用されています。また、その利用も多様化しており、橋面舗装にも使用されてきております。その中で、鋼床版上における舗装体は、本州四国連絡橋での研究成果により、高ひずみに対応する混合物でなくてはなりません。
セナファルトSDは、その優れたバインダ特性により、高ひずみに耐えうるポーラスアスファルト混合物を提供することが可能な鋼床版用ポリマー改質アスファルトです。

特 徴
  • バインダ単体のたわみ性能が優れている。
  • 混合物の曲げ試験におけるひずみが大きい。
  • 4℃伸度、フラース脆化点に代表される低温時のバインダ性状が優れている。
  • 一般のポリマー改質アスファルトH型と同等の作業性を有している。

セナファルトHGねじれ抵抗性改善型ポリマー改質アスファルト

カタログダウンロード

現在、ポーラスアスファルト舗装は、高速道路や市街地において雨天時の走行安全性や吸音特性による低騒音舗装として広く利用されています。
しかし、交差点や駐車場および進入路などでは車両の右左折、車両の切替し、停止・発信などの水平せん断力が働き、それに伴う骨材飛散が問題となっています。セナファルトHGは一般ポリマー改質アスファルトH型に比べ、特にねじれに対する抵抗性を大幅に改善したポリマー改質アスファルトです。

特 徴

セナファルトHGは、一般的なポリマー改質アスファルトH型と比較し以下の特徴を有しています。

  • 交差点部や駐車場などでのねじれに対する抵抗性に優れている。
  • 高い耐流動性を有する。
  • 一般的なポリマー改質アスファルトH型と同等の作業性を有している。

再生ポリマー改質アスファルト

CBバインダーK再生ポリマー改質アスファルト

カタログダウンロード

CBバインダーKは、再生骨材混入率30%程度の場合に使用する再生ポリマー改質アスファルトで、再生加熱アスファルト混合物において、ポリマー改質アスファルトⅡ型を使った新規加熱アスファルト混合物と同等の混合物性状を得ることができます。

CBバインダーH再生ポリマー改質アスファルト

カタログダウンロード

CBバインダーHは、再生骨材混入率30~50%程度の場合に使用する再生ポリマー改質アスファルトで、再生加熱アスファルト混合物において、ポリマー改質アスファルトⅡ型を使った新規加熱アスファルト混合物と同等の混合物性状を得ることができます。

特 徴
  • ポリマー改質アスファルトⅡ型よりも針入度が高く、舗装再生材とよくなじみます。
  • 舗装再生材に含まれる再生アスファルトの性状を大幅に改善します。
  • ポリマー改質アスファルトⅡ型を使った新規加熱アスファルト混合物と比較して、同等の塑性変形抵抗性、摩擦抵抗性、疲労抵抗性や骨材剥離抵抗性を得ることができます。

中温化アスファルトバインダ

ストレートアスファルト60/80 規格対応NSファルト-NEO

ポリマー改質アスファルトⅡ型 規格対応エポックファルトD-NEO

ポリマー改質アスファルトH型 規格対応セナファルト-NEO

カタログダウンロード

NEOシリーズは、アスファルト混合物の製造および施工時の温度を従来の各アスファルトバインダ製品より約30℃低減できます。これにより、アスファルト混合物製造時における二酸化炭素排出量を削減でき、地球環境の保全に貢献します。

特 徴
  • 混合物製造時の温度を約30℃低減することで、CO2排出量を削減できます。
  • 従来の同規格製品の性状規格に適合します。
  • 従来の同規格製品と同等のアスファルト混合物性状が得られます。
  • 寒冷期の施工性を改善できます。
  • 温度低下が起こりやすい薄層舗装や橋面舗装の施工性を改善できます。

施工性改善型ポリマー改質アスファルト

ポリマー改質アスファルトⅡ型規格対応エポックファルトD-EX

カタログダウンロード

エポックファルトD-EXは、弊社がこれまで培ってきた施工性改善の技術を取り入れた「施工性改善型ポリマー改質アスファルトⅡ型です。弊社汎用のエポックファルトDと比べ、より低い温度でアスファルト舗設作業をを実施しても所定の締固め度を得ることが出来ます。

特 徴
  • 重交通路線に適用できます。
  • 薄層舗装や橋面舗装での施工性を改善します。
  • 寒冷期の施工性を改善します。
  • アスファルト合材運搬範囲の拡大を図ることができます。