• HOME
  • 製品事業
  • 工事事業
  • 技術開発への取り組み
  • 会社概要
  • 採用情報

工事事業

カラー舗装

様々な樹脂類を使い、路面を視覚的にデザインします。無機質とも捉えられがちなアスファルト舗装、コンクリート舗装の景観調和、安全誘導を行います。さらに、すべり止め機能や表面強化機能を付加して路面の機能デザイン化を推進します。また、歩道には景観調和をさせつつ、透水性や歩行安全性に優れた樹脂モルタル舗装を提案します。

常温塗布式

主として水性の塗料を使用して、アスファルト舗装及びコンクリート舗装上に施工します。常温で施工する為、現場で効率よく作業が行え、短い期間で既存の舗装を色鮮やかにリニューアルすることが出来ます。遮熱機能を持つ製品も有ります。

カラーマックス
アクリルエマルジョンベースの水性塗料です。
カラーマックス
カラーマックス
アクリルベースの溶剤型塗料です。
カラーマックスクール
アクリルエマルジョンベースの水性遮熱塗料です。
カラーマックスクール
カラーマックスPE
ポリエステルエマルジョンベースの水性塗料です。
カラーマックスPEクール
ポリエステルエマルジョンベースの水性遮熱塗料です。
カラーマックスPEクール
カラーマックスN、カラーマックスS
アクリルエマルジョンベースの水性塗料です。
カラーマックスNクール
アクリルエマルジョンベースの水性遮熱塗料です。
カラーマックスNクール

すべり止め(ニート工法)

エポキシ樹脂やMMA樹脂を接着剤として路面に硬質骨材を強力に接着させ、既設及び新設路面のすべり抵抗性を大きく上昇させるのが、すべり止め舗装(ニート工法)です。接着剤は接着性は勿論、可撓性(カトウセイ)にも富み、アスファルト舗装及びコンクリート舗装、鋼床版など多様な路面に対応可能です。

リブカラー(樹脂舗装技術協会 準拠)
すべり止め舗装です。
リブカラー
リブカラークール
従来のすべり止め舗装に、遮熱機能を付加しました。

表面強化

MMA樹脂などを用いてポーラスアスファルト舗装の表面をコーティングして、表面強化を行います。ポーラスアスファルト舗装の課題である、骨材飛散や空隙潰れ、摩耗を予防することが出来ます。また、樹脂や骨材に手を加え、カラー化も可能です。遮熱機能を持つ製品も有ります。

ポーラスコート(排水性トップコート工法研究会 準拠)
MMA樹脂ベースの表面強化工法です。
ポーラスコート
ポーラスコートクール(路面温度上昇抑制舗装研究会 準拠)
MMA樹脂ベースの遮熱機能付加型表面強化工法です。
ポーラスコートクール
ポーラスニート
表面強化工法のすべり抵抗性をより強化しています。
ポーラスニート
透水性レジンモルタルシステム(PRMS)工法
モルタル充填により、表面強化します。
※上記PRMS工法のマークをクリックするとPRMS工法協議会のHPが開きます。
透水性レジンモルタルシステム(PRMS)グリップ工法
モルタル充填により、表面強化します。
すべり止め機能を強化しています。
※上記PRMS工法のマークをクリックするとPRMS工法協議会のHPが開きます。

景観舗装

様々な樹脂や、天然骨材やカラー骨材などを用いて、歩道や広場など歩行者の通る場所に樹脂モルタルや型枠タイルを用いて潤いのある空間をご提供します。

モルタル工法

ユーカラー(樹脂舗装技術協会 準拠)
エポキシ樹脂ベースの薄層モルタルカラー工法です。
ユーカラー
ユーカラージェット(樹脂舗装技術協会 準拠)
低温速硬化型の特殊エポキシ樹脂ベースの薄層モルタルカラー工法です。
GP-MIX M
MMA樹脂ベースの段差修正工法です。
ポーラスグラベル(樹脂舗装技術協会 準拠)
エポキシ樹脂ベースの透水性モルタル工法です。
ポーラスグラベル
ソフトアンツーカー
ウレタン樹脂ベースのゴムチップ舗装です。
ソフトアンツーカークール
ソフトアンツーカークール
ウレタン樹脂ベースのゴムチップ舗装です。
路面温度上昇低減機能を付加しています。

型枠タイル工法

ロマンテックKC(KC協議会 準拠)
MMA樹脂ベースの型枠タイル工法です。
ロマンテック
ロマンテックAC
ポリマーセメントベースの型枠タイル工法です。
ロマンテックWP
ロマンテックSC
ポリマーセメントベースの型押しタイル工法です。型枠は使用しません。
ロマンテックPC
新設セメントの表面を型枠や型押しで仕上げます。
ロマンテックKC-G(KC協議会 準拠)
速硬化性アクリル樹脂を基材とした吹付け式型枠景観舗装です。
ロマンテックKC-S(KC協議会 準拠)
速硬化性アクリル樹脂を基材とした吹付け式型枠景観舗装です。
透水性舗装に適用し、透水能を保持します。